おそうじ壱徹 続・今日もどこかで奮闘中=3=3=3

一流のハウスクリーナーを目指す、壱徹おじさんの・・(^^;

Mar/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
愛用雑巾
現在愛用している雑巾は4種類あります。

そのうちD2のオリジナル商品、マイクロファイバーが大小2種です。
大きい方は最近売っていることに気がついたものです。(^_^;)



もともと小さいサイズのものは使い勝手が良く何年も使い続けていましたが、
大きかったらいいのになと思うこともしばしば。

その夢が叶って、色は違いますが2倍の大きさのものを偶然見つけた次第です。

この他の雑巾ではレンタルタオル屋さん払い下げの薄手の毛足のない綿タオルは
絶品です!
何しろ剣道仲間がただで分けてくれるんですから。(笑)
でもこの実力は侮れません。
仕上げ拭き専用として使いますが、毛羽が残らずにきれいに拭き上げられます。
今まで同じ用途で使っていたガラス専用のマイクロファイバー雑巾を実力で
完全に凌駕しているため、全てこれにとって変わった逸品です。

具志川さん、本当にいつもどうもありがとうございます。m(_ _)m

後の1種類は洗い物を置くための1番毛足の長いマイクロファイバー雑巾。
ふかふかなのと吸水力があるのと、その大きさが魅力です。
ハウスクリーニング全般 : comments (1) : trackback (0)
夏休み2
夏休み4日目。

今日は一人で地元相模原緑区〜愛川町の宮が瀬ダム周辺を散策しました。
昨日の天気予報では午後から怪しい天気ということでしたが、
朝は晴れていたので、決行しました。

ルートはまず我が家から自転車で橋本駅まで行き、
橋本駅からバスで45分くらいゆられて鳥居原ふれあいの館に着きます。

8時前だというのにオートバイのツーリング集団が、朝早くから大勢休憩していました。
やはり夏休みの風情を感じました。(^^)


南山遊歩道入口からすぐに山に入ります。
いきなりの急な登りで一気に汗が噴き出します。

南山は宮ヶ瀬湖を眼下に見下ろせる景色の美しいハイキングコース。
なだらかな道が続き、ファミリーにもおすすめとホームページに書かれていましたが、
結構急だと思う。おっさんだからそう感じたかな、ははは。



まずは展望台を目指します。
途中はうっそうとしたスギ林や雑木林で、森の中や笹の小道を進んでいきます。

たまに垣間見える山々がいい感じ。
今の季節は花はあまり見られませんが、多分春はもっといろいろな野草が
咲いているんじゃないのかな。





権現平展望台からは遠景に宮が瀬ダムが見えます。周りの山や、
遠くの町も天気が良かったら見えるみたい。
今日はガスっていて横浜や渋谷は見えません。(^^;;





さらに進み南山の山頂を目指します。
長い階段が進む気をそぎます。(苦笑)



途中ススキが伸び放題になっているところがあったりして、かきわけかきわけ
進みます。腹や足に吸血するヤマビルが襲いかかります。(笑)
結局家に帰って調べたら4か所やられていました。
特に足はひどく、靴下は血だらけでした。
吸われると血が固まらない成分を注入されるようです。
痛みはないのだけれど、ちょっといやだな。(^^;;

ヒルは嫌だけど、こんなのは可愛い。
紫色に輝くコガネムシ?
多分初めて見る種類かと思います。



ようやく着いた山頂です。
544m。
この高さだと植生は近所の原っぱと変わりないですね。(^^;;







山頂は晴れていたらいい眺めなんだろうな。
残念なことにガスのせいでよくわかりませんでした。



山頂から先はほぼ下り。

こんなのが目につきました。
秋も近いのかな?



先日のお雨のせいでしょうか、道はかなり水分を含んでおり
とてもスリッピーでした。
気をつけて下りて行きました。一般道に降りたら目の前が
あいかわ公園の裏手です。

ちょっと中に入ってみましたが、そこからパラパラっと雨が降ってきたので
長居は無用、服部牧場を目指します。

半原バス停を目指さないのには理由があります。

ほてった体を冷やすアイスクリームがやっぱり食べたいもんな。(笑)



多少道に迷いつつもポニーや牛、ヤギ、ヒツジが出迎えてくれました。
そして念願のジェラードWサイズのイッキ食い!
とてもミルキーで美味い!(^^)v

雨も少し本降り気味になってきたので、足早に半原バス停を目指します。
途中中津川ではキャンプの人たちが雨のなかバーベキューをしていました。
親子で楽しい思い出作っているんだね。
自分も昔は良く子供らを連れて出かけていたのを思い出しました。(^^)

後はバスを1回乗り換えながら橋本駅に無事到着。
雨はほとんど大丈夫でしたが、ちょっとショックなことが。

2台目のバスに眼鏡を忘れてきちゃった。
古い眼鏡なんだけど、お気に入りのメガネ。
メール着信が来たので老眼なので行ったん眼鏡をはずして読んでいたら
座席に多分忘れてきちゃったんだろうね。
あー、年にはかなわない・・・(爆)

今日の目的は花をたくさん見ることだったのだけれど、
あまり見られなかったのは残念!
でもそれでもこんな野草や植樹された木々を写真でパチリ!




我が家の出来事 : comments (0) : trackback (0)
夏休み
今年は8月11日から15日まで夏休みになります。

その初日奥多摩に妻と二人でハイキングに行きました。



当初の予定は奥多摩駅からむかし道を4時間くらい散策する予定でしたが、
2月の大雪の影響で当分の間全面通行禁止だとか。
復旧は9月になるそうです。

まじかっ!(^^;;

いきなりの予定変更を余儀なくされましたが、
幸いにも駅前に観光協会の窓口があって
代替えプランでお勧めコースを尋ねたところ、
大多摩ウォーキングトレイルを提示していただきました。

おおよそのコースを説明すると、
奥多摩駅〜(舗装路)〜梅沢〜(未舗装路)〜数馬狭橋〜(舗装路)〜白丸ダム
〜(未舗装路)〜鳩ノ巣小橋〜(舗装路)〜松の木尾根〜(未舗装路)〜寸庭橋
〜(舗装路〜古里駅〜おまけ(^^;;(舗装路〜川井駅

渓谷や尾根道、民家の道などいろいろ変化があって面白そう!(^^)

奥多摩駅〜(舗装路)〜梅沢は民家の普通の小道を歩いていきます。
民家のお庭のいろいろな花や野草がきれいでした。
途中道祖神や祠などあるのでご挨拶しながら、のんびりと歩きました。

しかし、舗装路なので暑かったなあ。(^^;;

多少道に迷いながらも梅沢に就き、ここからは数馬峡遊歩道になります。

ヒノキ林や雑木林などの木々の中の小道を歩き進みます。
木々に暑い日差しが遮られ、涼しくてしのぎやすかった。
森林浴でマイナスイオンをもらいリフレッシュ!(^^)

本当はまだ道は続くのですが、やはり大雪の影響でいったん青梅街道に戻ります。
そこにあった四季の家というお土産屋さんに立ち寄りました。

まず目に入ったのがスーパードライ!
肴に手作りの梅干しと、地場産のキュウリにやはり手作りのお味噌を買い
ガソリン補給、満タンにしました。(笑)
仕上げにソフトクリームを食べいざ出発!
優しそうな店主さん、いろいろお世話になりました。m(_ _)m

青梅街道を進み白丸湖の下手にある白丸ダムと白丸魚道を見学しました。

この魚道はダムが魚の遡上を遮っていたものを
平成13年に新たに設けられたたものです。
対象魚はアユ、サクラマス、ヤマメです。
何匹かマスらしき魚が実際に遡上していました。

魚道の中はひんやりとしていて鍾乳洞にいるような感じです。

ここでまた青梅街道に戻ってお昼タイム。
妻と二人、ヤマメの刺身定食をいただきました。
追加でもつの煮込みも。もちろん生ビールは欠かせません!(笑)

腹も落ち着きメインの鳩ノ巣渓谷へ進みます。





ここは本当に良いところ。
この時期にもかかわらず、行き交う人もほぼなく、自然は妻と二人の独占状態です。(^^)





鳩ノ巣は江戸期上流から1本流しで来る丸太の貯木場があり飯場小屋があったところです。
魚留滝(なるたき)の上に飯場に祭った水神社の森に2羽のハトが仲睦まじく巣を
いとなんだ様子が飯場の人々の心を和ませ、いつしか鳩の巣の飯場というようになり
これが地名になったということです。



渓谷の越えると一旦尾根道になります。



山アジサイや名前は知りませんがこんな花 ↓ が咲いていました。
かわいかったよ。



こんなのも捕まえました。
もちろん写真を撮ったらすぐに開放しましたが…(^^;



尾根が終わるとまた渓谷になります。





そこには滝があり、そばまで寄ることができました。
水も冷たく、とても澄んだきれいな水でしたね。
まさに自然の恵みといった感じ。(^^)







最後にカミさんと記念に写真をパチリ!
逆光、残念!(笑)



お勧めのコースは古里駅までのルートでしたが、
温泉に入りたかったので川井駅までの途中にある松の湯温泉に向かいましたが、
一般客の入党は受け付けてくれませんでした。
仕方なし、ホテルの温泉客専門だったから。(^^;;

総歩行数25000歩あまり、なかなか充実したとても良い1日でした。
またすぐにでも行きたくなりますね。
新たな趣味として、妻との共通した趣味として
ハイキングは月1ペースで続けようかと思います。(^^)
我が家の出来事 : comments (0) : trackback (0)
洗濯機掃除
はずかしながら、本日は我が家の洗濯機掃除の写真をアップします。

最近洗いものに黒いものがつくようになったと妻に言われて
分解してみましたら、半年前に分解掃除をしたのにこの有様です。

分解直後からマメに洗濯槽クリーナーを使えばおそらく
ここまでひどくはならなかったと思いますが・・・(^^;;



キッチンハイターとマジックリンを混ぜた原液のままの洗剤を
ブラシでまんべんなく塗りたくります。

ハニカム構造状の部分は特に泡立てしっかり泡で包みこみます。

しばらく放置して漬け置き時間を取った後に水を流しながら
しっかりこすり洗いをしました。

こうすることで浮いた汚れをしっかりすすぎ流します。

そして・・・



ぴかぴかになりました。\(^o^)/

やっぱり洗濯機の中はきれいじゃないと、洗濯しても洗った気がしませんからね。

今度からは市販の洗濯槽クリーナーを2週間に1回は使おうと思います。
いつもお客様にはそう助言しているのに、助言している本人が
何もしていないとお客さまに笑われちゃうからなぁ。(^^;;
洗濯機クリーニング : comments (3) : trackback (1)
高圧洗浄機のメンテナンス


休日ということもあり、そろそろしなくちゃって思っていた高圧洗浄機の
ガンのメンテナンスをやっとこさいたしました。(^^;;

いろいろな組み合わせで試していましたが、自分流の洗い方にフィットする
仕様がはっきりしたので改修、新調しました!

その仕様とは、

先端90度曲がり、噴射角15度、ランス長300mmが壁掛け用で、
エースのノズルはだいぶくたびれてきてバラけていたのでノズル交換、
予備用に直噴だったものを上記仕様に改修しました。
これで2本になったので、お客さまのところで不測の事態になっても安心です。

さらに先端90度曲がり、噴射角15度、ランス長500mmと少々長めのモノを
新調いたしました。
これは主に天井埋め込みタイプ用です。
天埋めは少々エアコンが大きいので長いものの方が楽です。(^^)

ヘルプで手伝ってくれる仲間は先曲がりが45度のほうが気に入っているようなので、
自分は使いませんが、長短2本用意してあります。

料理人でいえば包丁、大工でいえばカンナやノミの刃をとぐのといっしょで
掃除屋だって使う道具にはこだわりがあります。
なんだかんだ言っても職人ですから。(笑)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
癒される (^^


いつもこの時期にエアコン掃除をご依頼いただいている
F様のお庭で咲く花々です。

色とりどり、種類も豊富で、
本当にここに来ると癒されるんだなあ。(^^)

植物はいいねえ。
ハウスクリーニング全般 : comments (0) : trackback (0)
収入印紙
消費税の増税に隠れてちょっとだけうれしいことがあります。

領収書の非課税枠が3万円未満から5万円未満に拡大されました。
うちの依頼の内容を考えると、おそらくかなり収入印紙を貼らなくても良くなるかと思います。

でも結構そそっかしい私、
3万円超えたときに習慣的にはっちゃうおそれあり。

気をつけよーっと!(苦笑)
ハウスクリーニング全般 : comments (0) : trackback (0)
パナソニック(ナショナル)の風呂の黒い床


パナソニック(ナショナル)の風呂の黒い床掃除は要注意!

左の写真のように例外なく掃除後に白っぽくもやもやした感じになります。
いろいろ工夫をしても酸に対しての耐性が無さ過ぎが原因かと思います。

風呂の掃除で酸は必須。

だとするとこんな素材を使っているパナソニックの風呂は
何考えているの?と正直自分は思ってしまいます。
きっと掃除したことが無い人が開発してるんだね。(^^;;

まあそれでも自分たち掃除屋もこのままじゃいけないといろいろ考えるわけで・・・

で自分なりの対処法のですが、
ここでは控えますが、某コーティングを塗りこみます。
この床材に浸透するから本来の色に戻るようです。
ただしこの写真ではまだ光で多少白っぽく見えますが、
実際はもっと黒く綺麗になっています。

僕と一緒で写真写りが悪いからかな。(笑)

この床にはあまり遭遇はしたくないけど、
こういう知恵も必要になるという見本でした。(^^;;
風呂、風呂釜掃除 : comments (5) : trackback (0)
褌(ふんどし)
日本古来の伝統下着

高温多湿の日本の風土気候に適した下着で、
その機能性と装着感は
他の下着にはない独特の良さがありますが、
何といっても、身に着けた方の心に響く
なんとも言えない「粋」がこの物にはあります。

とまあどこぞのふんどし販売のホームページに書かれています。

自分ももう何年かな、4年くらいなるかな、
実はふんどし愛好家です。(笑)

今は仕事用には真っ赤なさらしの赤フン。
プライベートの時には和風柄の粋な高級タイプ。

なんで今さらふんどしかっていうと、
剣道を再開した時にフルチンで袴を着装した時に
もし怪我でもして救急車のお世話になったときに
いいおっさんがフルチンじゃ様にならんでしょう。
でもパンツはやはり…
剣道着も和服と思えばやはりふんどしかなってことで
身につけるようになりました。

でもね、

冒頭のように装着感が先ず最高です。
通気性も良いし機能的!
ゴムの圧迫感もないので実に良いのです。

また仕事がら風呂掃除をした後に結構ずぶぬれになったりしますが、
ズボンを脱がなくても簡単に脱げます。
だから仕事後の私は結構ノーパンです。(笑)



ねっ!なんか粋ながらでしょ!(^^)
その他 : comments (0) : trackback (0)
こういうところを見ながら洗いたかったのです。(^^)


エアコン掃除でも写真のこういうところを見ながら洗いたかったんですよね。

そのためには壁から背面パネルを外さなければ
絶対に無理です。
結構かびているところです。

写真左側は背面パネルの裏側、壁に接しているところの
結露した水が流れる時の水路付近です。
写真右側は奥上のドレンパンで熱交換器だけを持ち上げてもブラシが入らないところです。

今までは一人作業では出来なかった場合も多かったのですが、
リーズロックの使用により、かなりの確率で一人作業でも
問題なく外せるようになりました。

背面パネルを外せる条件はエアコンの枠内の右下の壁穴から熱交換器の
パイプが出ていないもの、例えば左穴や、枠外の穴タイプです。
要はパイプに余裕・遊びがある方が良いです。
枠内の右下穴でもできなくはないのですが、かなり気合・勇気・時間が
必要になります。(^^;;

あと最近の機種は外せる設計になっていますが、古い機種では
例えば我が家のこんなやつ↓



パイプに引っ掛かってしまいます。(笑)

この写真ではこうやって洗いましたが、お客様のところでは
こうまでして洗いたくはないです。
やはり壁紙を破く可能性が高いですし、古いためプラスチックも
無理が利かないからです。

それでもまあ、最近ではファンを外す仕様で受けた仕事の多くは
背面パネルも抜くようにしています。

やはりきれいになるからね。(^^)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
パナソニック(ナショナル)の風呂の黒い床
川村>12/21
本田 >11/19
壱徹>5/23
OCHI>5/18
小寺>4/07
愛用雑巾
ようこ>10/03
ツインブラシ
znttuvuu9>11/09
処理時間 4.408983秒