おそうじ壱徹 続・今日もどこかで奮闘中=3=3=3

一流のハウスクリーナーを目指す、壱徹おじさんの・・(^^;

Mar/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
高圧洗浄機のメンテナンス


休日ということもあり、そろそろしなくちゃって思っていた高圧洗浄機の
ガンのメンテナンスをやっとこさいたしました。(^^;;

いろいろな組み合わせで試していましたが、自分流の洗い方にフィットする
仕様がはっきりしたので改修、新調しました!

その仕様とは、

先端90度曲がり、噴射角15度、ランス長300mmが壁掛け用で、
エースのノズルはだいぶくたびれてきてバラけていたのでノズル交換、
予備用に直噴だったものを上記仕様に改修しました。
これで2本になったので、お客さまのところで不測の事態になっても安心です。

さらに先端90度曲がり、噴射角15度、ランス長500mmと少々長めのモノを
新調いたしました。
これは主に天井埋め込みタイプ用です。
天埋めは少々エアコンが大きいので長いものの方が楽です。(^^)

ヘルプで手伝ってくれる仲間は先曲がりが45度のほうが気に入っているようなので、
自分は使いませんが、長短2本用意してあります。

料理人でいえば包丁、大工でいえばカンナやノミの刃をとぐのといっしょで
掃除屋だって使う道具にはこだわりがあります。
なんだかんだ言っても職人ですから。(笑)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
こういうところを見ながら洗いたかったのです。(^^)


エアコン掃除でも写真のこういうところを見ながら洗いたかったんですよね。

そのためには壁から背面パネルを外さなければ
絶対に無理です。
結構かびているところです。

写真左側は背面パネルの裏側、壁に接しているところの
結露した水が流れる時の水路付近です。
写真右側は奥上のドレンパンで熱交換器だけを持ち上げてもブラシが入らないところです。

今までは一人作業では出来なかった場合も多かったのですが、
リーズロックの使用により、かなりの確率で一人作業でも
問題なく外せるようになりました。

背面パネルを外せる条件はエアコンの枠内の右下の壁穴から熱交換器の
パイプが出ていないもの、例えば左穴や、枠外の穴タイプです。
要はパイプに余裕・遊びがある方が良いです。
枠内の右下穴でもできなくはないのですが、かなり気合・勇気・時間が
必要になります。(^^;;

あと最近の機種は外せる設計になっていますが、古い機種では
例えば我が家のこんなやつ↓



パイプに引っ掛かってしまいます。(笑)

この写真ではこうやって洗いましたが、お客様のところでは
こうまでして洗いたくはないです。
やはり壁紙を破く可能性が高いですし、古いためプラスチックも
無理が利かないからです。

それでもまあ、最近ではファンを外す仕様で受けた仕事の多くは
背面パネルも抜くようにしています。

やはりきれいになるからね。(^^)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
シャープのお掃除エアコン


今まではこの機種では背面パネルは外したことがなかったのですが、
条件が整えば、シャープのフィルター自動お掃除エアコンでも
ここまでばらすことが出来ます。

壁に残るのは熱交換器のみ。



分解組み立てに時間がかかるのが難点ですが、
養生もとてもシンプルになり、ほとんどオーバーホールに近い仕上がりになります。

これから先もこの方法で行くかどうか、ちょっと迷っていますが、
希望が多ければがんばってみるかな。(^^;;

そういえばちょっと切の良い走行距離となった我が愛車。
記念にパチリ!


エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
超むかつくっ!
自分のした失敗だから仕方ないと言えば仕方ないのですが、
かなりムカつきました。(^^;;

東芝のお掃除エアコンで上下ルーバー上に左右ルーバーがあり、
左右2分割で独立して動くものだったのですが、
そのうちの向かって右側のルーバー用モーターの先端につく歯車、
小指の爪ぐらいのものをうっかり無くしてしまいました。
これが無いと右半分の左右ルーバーが動きません。

仕方ないので東芝に部品発注したのですが、
これが・・・

エアコンの型番は分かっているのにそのパーツの品番は分かりません。

結局なんと自分が買わされたものは
背面パネルやルーバーモーター3個、ルーバーを動かすための
こまごまとしたハブパーツを一式です。
ここから部品取りしないといけないとのこと。
エアコンパーツがおおざっぱな品番構成になっているためです。

きっとダイキンや他のメーカーならそのようなパーツ類は
200〜400円くらいだと思うのですが、
総額7000円を超える価格でした。

東芝!しょぼい商売すんなよ!

うーん。むかつく!
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
パナソニックのエアコンの背抜き


今日はパナソニックの2011年モデルの背面パネルを外したクリーニング、
いわゆる背抜きで掃除しました。

通常はドレンパン一体型の背面パネルであるダイキンや東芝
富士通ゼネラルなどの機種でこのやり方をしているのですが、
ドレンパンが外せる他のモデルでも機種や設置状況によっては
このように外せるわけです。

コツは、どれでも一緒ですが、壁の穴からにゅっと出ている
銅パイプを本体に固定するパーツ(写真の右上の小さな白いパーツ)を
上手く外せるかどうか、また組み立て時に上手く元に
戻せる自信があるかどうかですね。

このパナソニックの場合はそのパーツの上部の爪が
ダイキンや東芝とは逆方向に(外側)押してやるとパカッと外れます。
下の爪は通常通りでした。

しかし背抜きになれてくると、どんなエアコンでもこうした方法で
分解したくなります。
やはりきれいになるからです。(^^;;
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
我が家のエアコン掃除2


昨日に続いて我が家の古いナショナルのエアコン掃除です。
機種はほとんど同じものなのでやり方は一緒ですが、
背面パネルの下す位置を変えてみました。

奥のドレンパンと背面パネルの裏側を洗って拭ければいいので
写真左程度で十分ですね。
右の写真は普段は目に出来ない背面パネル裏側です。
高圧でざっくり洗ってあとは拭き掃除で仕上げました。

2日間こうしてリーズロックとφ2mmのワイヤを使うやり方で2台洗ってみましたが、
今までよりは納得のいく方法です。
ただし、熱交換器のパイプの基部分をサンドウィッチして覆うパーツの
再設置は条件が悪い場合はかなり大変です。
そこだけですね、注意と根気と気合が必要なところは。(^^;;

くそ暑い中の作業中にちょっと微笑ましい出来事あり。



これだけ暑いとセミも日影が欲しいのでしょう。

我が家の窓のすだれの内側で休んでいました。(笑)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
我が家のエアコン掃除(^^;;
今日から夏休みなのでどうしても確認したいことがあり
家の1番古いタイプのエアコンの分解テストをしてみました。

古いタイプのエアコンで、配管の基の部分の背面パネル上部が
切れてないタイプで、オーバーホール以外ではパネルが外せなくて
しかも右下穴で銅パイプに長さの余裕が無いケースで
もし背抜きに近いことがどこまでいけるものかと思ったからです。



写真を見れば一目瞭然なのですが、
このくらいはたぶん出来るはずと思っていたくらいは
背面パネルと熱交換器は分離できました。
左下穴なら間違いなくもっと楽でしょうね。(^^)

このくらいまで落ちれば背面パネルのドレンパンや裏側も
目視下で綺麗に洗ったり拭けます。
汚れが目で見えることがやはり1番大事なんですね。(^^)

完全な背抜きではないけど、ほぼ十分かな。

このエアコン掃除を
「準背抜き」とでもネーミングしちゃおうかな。(笑)

一人作業ではオーバーホールはちょっと自信がないけど、
この準背抜きで当店のエアコン掃除の仕上がりは
自分の思っている次第点にはなりそうなので
まあ今後はエアコン掃除はすべて、背抜き〜準背抜きで行くことに
なると思います。
ただし経年劣化が著しい場合は除きますが…(苦笑)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
日立の背抜き


今日は新兵器のリーズロックを駆使してエアコンの背抜きにチャレンジ!

こんなことしなくてもドレンパンやファンを外せるのですが、
より綺麗になることが分かっていることもあり、
また設置条件も良かったので背面パネルまで外してエアコンクリーニングしてみました。

やはりリーズロックは良いですね。(^^)

これからますます愛用アイテムになりそうです。
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
これは良い!(^^)


じぇじぇじぇ!最近ダイキンや東芝の背抜きの方が楽に思えてきました。(笑)

それというのも背抜く前に熱交換器を壁に固定しちゃう道具を
こしらえたからです。
その写真は控えるとして、原理はこんな感じです。↑

リーズロックとステンレスワイヤーで固定します。
φ2mmくらいのワイヤーだと背抜く前に
背面の金属板に熱交換器をしっかり固定できますので
両手を使って背面パネルを下せるようになります。

今までは背面パネルを下しつつ熱交換器を固定しつつと
同時にやっていましたが、一人ではこれはかなり大変な作業でした。

これを解消するためのものです。

先に熱交換器を固定できればといつも思っていましたが、
こんな簡単なこと、なんで思いつかなかったのかな。(^^;;
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
日立お掃除エアコンレア種?


今年になってよく遭遇する日立のお掃除エアコンの一種です。
見かけはぱっと見、同じなんだけど、ちょっと小型に思います。

パネルを外すと見慣れない景色。

正面にフィルターがない。。。(笑)

天井側のみフィルターがあって、当然ながら
お掃除ユニットも天井側のみ存在します。

こりゃ楽でいいわと思いながら取り外しにかかりましたが
???
なかなか外れません。(^^;;

15分経過・・・

仲間と日立に電話。
気合が大事とのこと。(笑)

更に10分経過・・・・

見た目と違い、結構汗だくになりながらも外れる。
やはり気合が大事でした。(^^)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
パナソニック(ナショナル)の風呂の黒い床
川村>12/21
本田 >11/19
壱徹>5/23
OCHI>5/18
小寺>4/07
愛用雑巾
ようこ>10/03
ツインブラシ
znttuvuu9>11/09
処理時間 4.451882秒