おそうじ壱徹 続・今日もどこかで奮闘中=3=3=3

一流のハウスクリーナーを目指す、壱徹おじさんの・・(^^;

Sep/2013 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
こういうところを見ながら洗いたかったのです。(^^)


エアコン掃除でも写真のこういうところを見ながら洗いたかったんですよね。

そのためには壁から背面パネルを外さなければ
絶対に無理です。
結構かびているところです。

写真左側は背面パネルの裏側、壁に接しているところの
結露した水が流れる時の水路付近です。
写真右側は奥上のドレンパンで熱交換器だけを持ち上げてもブラシが入らないところです。

今までは一人作業では出来なかった場合も多かったのですが、
リーズロックの使用により、かなりの確率で一人作業でも
問題なく外せるようになりました。

背面パネルを外せる条件はエアコンの枠内の右下の壁穴から熱交換器の
パイプが出ていないもの、例えば左穴や、枠外の穴タイプです。
要はパイプに余裕・遊びがある方が良いです。
枠内の右下穴でもできなくはないのですが、かなり気合・勇気・時間が
必要になります。(^^;;

あと最近の機種は外せる設計になっていますが、古い機種では
例えば我が家のこんなやつ↓



パイプに引っ掛かってしまいます。(笑)

この写真ではこうやって洗いましたが、お客様のところでは
こうまでして洗いたくはないです。
やはり壁紙を破く可能性が高いですし、古いためプラスチックも
無理が利かないからです。

それでもまあ、最近ではファンを外す仕様で受けた仕事の多くは
背面パネルも抜くようにしています。

やはりきれいになるからね。(^^)
エアコンクリーニング : comments (0) : trackback (0)
パナソニック(ナショナル)の風呂の黒い床
川村>12/21
本田 >11/19
壱徹>5/23
OCHI>5/18
小寺>4/07
愛用雑巾
ようこ>10/03
ツインブラシ
znttuvuu9>11/09
処理時間 0.539262秒