窓/ガラス/サッシ/網戸/雨戸掃除〜透明感のあるガラス窓って気持ちいいね♪

窓/ガラス/サッシ/網戸のページ

換気扇/レンジフードクリーニング

窓/ガラス/サッシ/網戸/雨戸掃除〜透明感のあるガラス窓って気持ちいいね♪

窓ガラスは、やっぱりピカピカ輝いていなくっちゃいやだ〜!(^^)

 

窓サッシやレールの細かい汚れを掃除するには、まとまった時間と根気が必要です。日ごろ、手が付けられず気になっていた汚れをキレイにしてみませんか?ガラスも見違えるほど透明度が増し、お部屋が明るくなります。

 

実は自分にとっては窓掃除はハウスクリーニングの中で1番時間がかかる場所なんです。マンションだとついでに一緒にベランダも掃除をするからかな。(^^;; 

 

ベランダには鳩の糞や落ち葉が結構あって、今思うと窓掃除より時間がかかっていたりします。マンションの2階以上でベランダのない窓や1戸建ての場合の、1階ならまあ水を流しても平気だけど、2階はなかなかそういうわけにはいきません。洗えなければ拭き掃除になりますが、ドロドロの場合は何度拭いても泥っぽさが残るのでこれはとても時間がかかります。本当は水ですすげれば早いんですがね。

 

昔のサッシのガラスは薄いので窓を外して洗うことも出来ますが、特に最近のマンションの窓はガラスも厚く重いので、窓を外せないことも多いです。この辺りが時間のかかる原因かもしれません。それでも何とか窓掃除が終わってお客様にチェックをいただき、お客様の笑顔を見ることが出来た時は私自身本当にうれしくなります。笑顔って本当に活力の源ですね。疲れも吹っ飛び、次の日も元気に掃除できるようになります。(^^)

 

*当店の窓掃除(ガラス)のこだわり

 

綺麗にするのはあたりまえなのですが、ガラスに触ったときに違いがわかります。「えっ?」何だそれとお思いでしょうが、アルミ枠はサラサラに、ガラスはつるっとなります。当店極秘の調合で出来ている洗剤の効果です。(笑)更にその後の日ごろのお掃除でも多少は楽になります。多少ですけど・・(^^;; 

 

まずは1回お試しあれ!

 

(注)古い場合や特に白、黒色のサッシなどはつやが戻らない場合があります。 窓ガラスのコーキングに付いたカビ汚れはキレイにならないことがあります。

 

(注)出窓やはめ殺し窓の場合、危険が伴う場合はお受けできない場合がございます。

洗面所掃除の手順、作業時間、作業範囲、価格とお申し込みフォーム

【作業手順】

1.朝、お客様の所にお伺いいたしましたら、ご希望の作業箇所の確認をいたします。

2.お客様とご相談の上、段取り等決定します。

3.作業に移ります。

4.作業終了後、ご確認をいただいてから精算となります。

 
【作業時間の目安】

汚れ具合にもよりますが、通常1枠3〜40分必要です。汚れ方がすごい場合は1時間くらいかかることもあります。ベランダも掃除すると更に時間がかかるのですが・・

 
【作業範囲】

ガラス面、サッシ枠、網戸の内・外側の汚れ、あればベランダ

(注)最近のドラム式洗濯機が洗濯パンに乗っかっている場合はあまりにも 重くてどかすことが出来ません。パンの排水口が分解掃除できないこともあります。

(注)無塗装のアルミサッシが白く変化している場合は、こざっぱりという感じの掃除になります。

 
【価格】

普通の窓(1つのサッシ枠内に2枚引き戸、1枚網戸がある場合)

*窓 枠数が大小合わせて4枠まで

ご依頼数

 

*窓 追加分(4枠を超える場合の追加分をご注文ください。)

ご依頼数

 

2重サッシの窓(1つのサッシ枠内に4枚引き戸、2枚網戸がある場合)

*2重サッシ窓 枠数が大小合わせて2枠まで

ご依頼数

 

*2重サッシ窓 追加分(2枠を超える場合の追加分をご注文ください。)

ご依頼数

 

窓つながりということで・・・・(^^;;

 

*だけだけオプション 90cm幅くらいの腰窓用ブラインド

ご依頼数

 

*だけだけオプション 180cm幅くらいの腰窓用ブラインド

ご依頼数

 

*だけだけオプション 180cm幅くらいの掃き出し窓用ブラインド

ご依頼数

 

*だけだけオプション 雨戸(シャッター仕様)

ご依頼数

 

*だけだけオプション 雨戸(引き戸タイプ)

ご依頼数

とある日の窓/ガラス/サッシ・ブラインドの掃除

 

とある日のブラインドクリーニングの写真。ブラインドを外し、丸洗いが出来ればよいのですが、うっかり糸を切っちゃうと大変なことになります。自分は多くの場合は写真のように床に広げて1枚1枚拭き掃除で対応することが多いです。ただ時間が結構かかっちゃうのが難点ですね。誰かもっと良い方法を教えてくれないかな〜。(苦笑)

 

 

とある日の窓掃除の写真。中途半端な高所恐怖症としては苦手な高さです。(^^;; 下を見ずに上ばかり見ながら作業をしました。この窓はハメ殺しなのでこうして外からの拭き掃除対応になりました。というのも長いはしごの持ち合わせがなかったから…(^^;;

 

 

とある日の別のお客様の窓掃除の写真。今日の窓掃除は思いのほか大変でした。特に2階のベランダがすのこタイプのため階下にダイレクトに水が流れてしまうので拭き掃除で仕上げたのですが、こびりついた水垢を落すため手作業で小さいウエスにピカミクロンという研磨剤入りのコーティング剤を付けては拭き、付けては拭きと時間をかけて拭きました。(^^)

 

 

お気に入りのバイカンのブラシでの網戸洗い。このブラシかっこ良いでしょ。ナイスナカラーリングがおしゃれです。もちろん使い勝手も抜群です。網戸洗いの場合、毛の感触ってとても大事です。硬すぎず、柔らかすぎず、ほど良い長さも必要になります。柄も長い方が使い良いです。このバイカンのブラシは残念ながら、もうちょっと長い柄だったらベストなんですがね。(^^;;

 

もう一方の窓の方は普通のスポンジです。(笑) 窓ガラスにキズが付かなければ何でも良いです。ただし、特に外側の面には砂ぼこりもついていますので、いきなりガラス面を擦りだすのは危険です。アクリルなどのやわらかい毛の洗車ブラシで水洗いをしてからの方がキズを付ける可能性が低くなります。まあ、可能性ですが・・・・(笑)