葉の切れ込みが特徴的なエイザンスミレ。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その5】しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。エイザンスミレの花です。(2018年3月29日撮影)。☆エイザンスミレは、本州から九州の山地の木陰に生えるスミレ科スミレ属の多年草です…

続きをオリジナルサイトで読む

7時間前 輪生する3枚の葉が特徴的なエンレイソウ。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その6】 しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。エンレイソウの花です。エンレイソウについては4月1日の日記で紹介しましたので、記事は重複しています。(2018年3月29日撮影)。 ☆エンレイソウは、北海道から九州の山地の林内のやや湿った場所 …

続きをオリジナルサイトで読む

新芽が印象的な常緑のシダ植物イノデ。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その4】 しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。イノデです。(2018年3月29日撮影)。 ☆イノデは、本州から九州の山地の林の下などに生えるオシダ科イノデ属の常緑シダ植物です。イノデの仲間は数種類あるようですが、雑種も含め同定が難しいそう …

続きをオリジナルサイトで読む

初めて観察したイヌブナの花。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その3】 しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。イヌブナの花です。(2018年3月29日撮影)☆イヌブナは、本州(岩手県以南)・四国・九州(熊本県以北)に分布するブナ科ブナ属の落葉高木です。樹高は25メートル、幹は直径70センチにもなります。樹皮は灰黒色で、多数のいぼ状の皮目があるそうです。…

続きをオリジナルサイトで読む

雄蕊の黄色い葯が目立つアブラチャンの雄花。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その2】 しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。アブラチャンの花です。(2018年3月29日撮影)。 ☆アブラチャンは、本州・四国・九州で普通に見られるクスノキ科クロモジ属の落葉低木です。アブラチャンは雌雄異株・雌雄異花ですが、この木は雄花 …

続きをオリジナルサイトで読む

やや波打つ感じの花弁が特徴的なアオイスミレの花。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その1】 しろうと自然科学者の自然観察日記

植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介します。アオイスミレの花です。(2018年3月29日撮影)。 ☆アオイスミレは、本州から九州の道ばたや丘陵、低山に生えるスミレ科スミレ属の多年草です。 ☆アオイスミレの葉は、円心形です。葉の大きさは、花 …

続きをオリジナルサイトで読む

経済学部 和田光平ゼミが、八王子市主催「多摩ニュータウンまちづくりワークショップ」に参加し、地域の課題解決策について発表しました。 中央大学

当日は、主催者として八王子市都市総務課長からのご挨拶に続き、八王子市における多摩ニュータウンの各地域の課題やその解決策などが話し合われました。第4回は最終回にあたり、各地域の課題の解決策が発表されました。 今回の様子はCATVの「多摩テレビ」の番組TTV-NOWにおいて、4月19日(木)午後7時~ …

続きをオリジナルサイトで読む

防災訓練 起震車体験について(お知らせ) 拓殖大学

防災訓練 起震車体験について(お知らせ)掲載日:2018年04月13日 4月28日(土)八王子留学生寮防災訓練に併せて、八王子市より起震車「グラットくん」を借用することになりました。 八王子市では地震に対する日頃の準備を大切にしており、起震車を配備して市内の学校、地域の町会等の防災訓練に積極的に …

続きをオリジナルサイトで読む

高尾山駅横「香住」が「高尾山スミカ」に 開業40年、大規模改修終わる 八王子経済新聞

高尾山ケーブルカー・高尾山駅側の食堂「香住(かすみ)」(八王子市高尾町)が4月1日、「高尾山スミカ」としてリニューアルオープンする。 「高尾山スミカ」のロゴもお目見え 高尾登山電鉄(高尾町)が運営する同店。1978(昭和53)年に立ち食いコーナーや土産物を扱う開放店「そば処・香住」として開業。高 …

続きをオリジナルサイトで読む

久生十蘭、三島由紀夫…夭折の美人版画家が残した30作! 命をかけた超絶技巧を目撃せよ ダ・ヴィンチニュース

『銅版画家 清原啓子作品集 増補新版』(八王子市夢美術館:監修/阿部出版)  好きな小説や詩を読んで、なにやらイメージが浮かんでくることがある。文章の描写そのままの写実的な風景や人物が脳裏に浮かぶこともあれば、脈絡のない抽象的な形や色が生まれてきて、しばらくその中で遊ぶことも…。そんな時間は著者と心 …

続きをオリジナルサイトで読む