工学院大学・武藤恭之准教授らの国際研究チームがアルマ望遠鏡を用いて多彩な構造を持つ惑星誕生現場の高解像度撮影に成功 @Press

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の武藤恭之准教授(教育推進機構)らの参加する国際研究チームは、ミリ波・サブミリ波領域で世界最高の感度と空間解像度を持つアルマ望遠鏡を用いて若い星MWC 758を観測し、この星を回る塵の円盤にさまざまな構造があることを発見しました。 【本件 …

続きをオリジナルサイトで読む