ドローン編隊、空から犯罪見逃さず KDDIなど 日本経済新聞

KDDIやセコムなどが、複数のドローン(小型無人機)を同時に飛ばして広いエリアを警備する技術の開発を進めている。ドローン同士の衝突などを避けるための遠隔管理に携帯電話回線を活用。特別な無線インフラを整備せずに様々な場所での飛行を可能にする。東京五輪もにらんだドローン警備の実現に向け、携帯電話会社が大きな役割を担おうとしている。「あなたの行動はすべて画像に記録されています。すぐに犯行を止めなさい」――。相模原市の遊園地…

続きをオリジナルサイトで読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です