英語教育で夏休み1週間短縮 相模原の市立小中学校 カナロコ

相模原市の野村謙一教育長は7日の市議会本会議で、2019年度から市立小中学校の夏休みを1週間短縮する方針を明らかにした。小学校では20年度から実施される新学習指導要領で英語教育などが拡充されることに伴い授業時間が増加、中学校でも近年授業時間が増えており、必要な授業時間数を確保するためという。 市教 …

続きをオリジナルサイトで読む