米軍相模補給廠 酸素ボンベ搬入再開 カナロコ

相模原市は11日、在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)=同市=で、5月30日から米軍が酸素ボンベの搬入と保管を再開したと発表した。 2015年8月に同補給廠の倉庫が爆発して全焼する火災が発生。倉庫内で保管されていた酸素ボンベが原因と推測されたため、米軍が搬入や保管を停止していた。防衛省南関東防衛局を …

続きをオリジナルサイトで読む