横浜市、「公民連携窓口」から防災灯設置を公募 風力・太陽光発電タイプ導入 環境ビジネスオンライン

神奈川県横浜市は、既存の街路灯2基を、民間事業者との連携により再生可能エネルギーを活用した街路灯に更新すると発表した。 この事業は風力と太陽光によるハイブリッド発電をバッテリーに蓄電し、夜間はLEDが点灯する街路灯に更新するもの。街路灯の定格出力は500W(風力325W、太陽光175W)。WE P …

続きをオリジナルサイトで読む