町田・三輪緑地に「里山散策」拠点 地元住民の願いかなう 町田経済新聞

町田市の「三輪緑地」内に4月20日、三輪の森ビジターセンター(町田市三輪町)がオープンした。緑地保全活動をスタートさせて14年、「願いがかなった」と地元住民らは施設完成を喜んだ。 三輪緑地の風景 三輪緑地は、横浜市との市境に位置する21.1ヘクタールの都市計画緑地。隣接する横浜市の「寺家ふるさと …

続きをオリジナルサイトで読む

【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY! 男前インテリアで部屋づくりをするコツ CHINTAI情報局

原状回復できるDIYをフル活用した男前インテリアな部屋づくり こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は神奈川県川崎市にある2DKの賃貸物件に住むM.Iさんの部屋を訪問してみた。 アクセサリーやDIY家具のネット販売を行っているM.Iさん。元々趣味だったハンドメイドから本格的なDIYに惚れ込み、つい …

続きをオリジナルサイトで読む

雄蕊の黄色い葯が目立つアブラチャンの雄花。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その2】 しろうと自然科学者の自然観察日記

☆3月29日、植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介しています。アブラチャンの花です。(2018年3月29日撮影)。 ☆アブラチャンは、本州・四国・九州で普通に見られるクスノキ科クロモジ属の落葉低木です。アブラチャンは雌雄異株・雌雄異花ですが、この木は雄花 …

続きをオリジナルサイトで読む

やや波打つ感じの花弁が特徴的なアオイスミレの花。【春(3月末)の高尾山での自然観察・その1】 しろうと自然科学者の自然観察日記

植物観察入門講座で八王子市・高尾山での植物観察を行ないました。その内容を順次紹介します。アオイスミレの花です。(2018年3月29日撮影)。 ☆アオイスミレは、本州から九州の道ばたや丘陵、低山に生えるスミレ科スミレ属の多年草です。 ☆アオイスミレの葉は、円心形です。葉の大きさは、花 …

続きをオリジナルサイトで読む

多摩ビジネスサポートセンターを開設 東京都公式ホームページ

産業労働局, 町田商工会議所 多摩地域の事業承継支援を強化するため 「多摩ビジネスサポートセンター」を開設します 東京都は、平成27年度から、都内の小規模事業者が、経営を大胆に見直し、世代交代や業態の転換、経営基盤の確立などを図りながら、地域で持続的な経営を続けていくこ …

続きをオリジナルサイトで読む

地獄ラーメン田中屋(横浜市)【激辛】横浜を代表する飲みのシメ客が多い大繁盛店【特盛無料】 デカ盛りとご当地グルメ 食べ歩きブログ

地獄ラーメン田中屋さんは、横浜市の曙町にある、店名通りの激辛系がウリで評判が良いラーメン屋さん。 近隣が眠らない街なせいもあってか、深夜遅くまで営業しているので利用しやすい立地です。 この日は、甘い物を食べた後に良くあるのですが、正反対の激辛が食べたくなり、こちらに辿り着きました。 食べログ評価も高 …

続きをオリジナルサイトで読む

お年寄り1人を現役世代1.3人で支える未来 町田・相模原の人口推計で 町田経済新聞

老年人口1人を支える生産年齢人口は、町田市が2.4人(2015年)から1.3人(2045年)、同じく相模原市が2.7人から1.4人にまで減少する。 写真を拡大 国立社会保障・人口問題研究所は3月30日、市区町村別の将来推計人口を5年ぶりに発表した。2015年~2045年にかけては、町田市・相模原 …

続きをオリジナルサイトで読む

東京23区+多摩30市町村のまちが まるごと “おとなの社会科見学”フィールド 市民活動が観光資源、「東京C観光」スタート PR TIMES

スタートアップ法人のフィールドトリップ東京 株式会社(東京都国立市:代表取締役 菱沼秀行)は、 約1,400万人が暮らす東京全域※1のユニークなコミュニティ(市民活動やNPO、コミュニティビジネスなど多様な主体による地域貢献活動)を地域固有の魅力資源ととらえ、これら活動の現場を観に行く、 新しい …

続きをオリジナルサイトで読む

経済学部 和田光平ゼミが、八王子市主催「多摩ニュータウンまちづくりワークショップ」に参加し、地域の課題解決策について発表しました。 中央大学

当日は、主催者として八王子市都市総務課長からのご挨拶に続き、八王子市における多摩ニュータウンの各地域の課題やその解決策などが話し合われました。第4回は最終回にあたり、各地域の課題の解決策が発表されました。 今回の様子はCATVの「多摩テレビ」の番組TTV-NOWにおいて、4月19日(木)午後7時~ …

続きをオリジナルサイトで読む