プチプラなのに雰囲気抜群♡100均アイテムをアメリカン雑貨にリメイクしよう! folk

ダイナーアメリカンやヴィンテージアメリカン、ブルックリンスタイルなど、アメリカンインテリアと呼ばれるスタイルは数多くありますが、そんなインテリアのスパイスになるのがアメリカン雑貨。 とはいえコレクターも多いアメリカン雑貨は、本物を買うとなるとなかなか高額ということも。だったらこの際、自分でDIYして …

続きをオリジナルサイトで読む

汚れ防止&楽落ちアイディアも♡劇的にお掃除がしやすくなるウラワザ17選 folk

気づくと溜まる、ホコリや汚れ。掃除しても掃除してもキリがないと落ち込んでしまうこともありますよね。毎日の掃除も段々と辛くなり、テンションも下がってしまいます。 そこで今回は、お掃除がしやすくなるウラワザを厳選して17個ご紹介します。ちょっとの工夫で時短や手間の短縮に繋がるアイディアが満載。ぜひお掃除 …

続きをオリジナルサイトで読む

実は日本だけ。なぜ我が国の学生は毎日学校を掃除しているのか? まぐまぐニュース!

海外のほとんどの国では、学校の掃除を生徒たちがすることはないことをご存知でしたでしょうか。あまりにも「普通」のことすぎて、世界も同じだと思ってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。では、なぜ日本では生徒が毎日のように学校を掃除しなくてはならないのでしょうか? 今回の無料メルマガ『「二十代で身につ …

続きをオリジナルサイトで読む

夫の担当は「子どものお風呂」が多い!?自発的に家事をやってもらうには? camily

毎日の家事や育児の分担は旦那さんとしていますか? 総務省が5年に一度実施する社会生活基本調査(2016年)によると、 「6歳未満の子供を持つ夫・妻の1週間の家事関連時間」で夫は1時間23分、妻は7時間34分という結果が出ました。また、共働き世帯に限定すると夫は46分、妻は4時間54分と圧倒的に妻の …

続きをオリジナルサイトで読む

ササッと掃除したい時は、コロコロより「ほうき」でしょ!TABI LABO

部屋のなかで、ちょっと汚れを集めたい時ってありませんか?だけど遅い時間だと、掃除機をかけるのは音が気になって気がひける。そんな時、コロコロやワイパーもいいのですが、意外にアナログなアイテムでお掃除するのもいいかも。山形の〈工房ストロー〉のわらほうきミニは、稲穂からお米を取ったあとの実子(みご)とよばれる部分から作られるホウキ…

続きをオリジナルサイトで読む

【問題】こびりついた鍋底の焦げ汚れをカンタンに落とす「調味料」とは?TABI LABO

昨年の冬、ことあるごとに鍋パーティにいそしんだ方、きっと多いですよね。鍋パって、楽しい反面、後片付けがめんどう。ザルや皿をたくさん使うし、鍋を卓上コンロにかけっぱなしにしているから、底は焦げ付いてしまうし。しかもこの焦げ汚れ、その時にしっかり落とし切らないと、日に日に汚れが蓄積して、気づいた時には手遅れなんてことも。

続きをオリジナルサイトで読む

水100%なのに油汚れが落ちるフシギ TABI LABO

合成洗剤が日本でも使われるようになり、早80年。第一次世界大戦時、動植物性油脂の不足を補うためにドイツで開発され、その洗浄力の高さから、いまではさまざまな種類の合成洗剤が登場、私たちの暮らしに寄り添った存在になっていますよね。しかし普及とともに、海や川など自然環境への影響が世界的に危惧されるようにな …

続きをオリジナルサイトで読む

プロの「洗濯術」公開!たちまち真っ白…目からウロコのテクニックと洗剤 J-CASTテレビウォッチ

(C)NHK 洗って、干して、たたんで、アイロンをかけてと、洗濯はなかなか面倒臭い。そこで、頑固な汚れもあれを使えば真っ白、洗濯シワを減らす簡単なコツ、アイロンかけが楽になる目からウロコの方法などを、洗濯アドバイザーの中村祐一さんが、簡単に、そしてきれいに仕上がる洗濯術を公開する。 *助けて!き …

続きをオリジナルサイトで読む