そんなトコまで?刷毛(ハケ)が役立つお掃除ポイント7つ Sumai 日刊住まい

DIYの必需品、刷毛(ハケ)はホームセンターだけでなく100円ショップでも気軽に手に入るアイテムです。 そんな刷毛は、家の中の掃除にも使える実はとっても便利なアイテムなんだってご存知でしたか? 柔らかな毛が細かな部分の掃除にとっても便利。 刷毛を使えば掃除がラクラクできちゃうよ!という今すぐできるお …

続きをオリジナルサイトで読む

【くすみくもりとおさらば!】クリスタルグラスの正しいお手入れ方法 教えて!ウォッチャー

【くすみくもりとおさらば!】クリスタルグラスの正しいお手入れ方法 安いワイングラスも普段使いには良いが、“いいグラス”で飲めば、ワインの味は一味も二味も美味しく感じられる。だが、やはり割ってしまうのが怖かったり、安物のソーダガラスと違い、くすみやくもりも気になりやすいのがクリスタルガラスである。と …

続きをオリジナルサイトで読む

ダイソーで見つけた、エコ掃除・洗濯グッズ10選 All About

100均・ダイソーでエコな掃除・洗濯グッズを厳選! 大人気100円ショップ・ダイソーで選んだ、エコな掃除・洗濯グッズたち。新生活にもぜひ取り入れてみてください さまざまな雑貨がそろう100円ショップ・ダイソー。店内をくまなく探したところ、電気を使わず、自然環境を汚さない、エコな掃除・洗濯グッズが …

続きをオリジナルサイトで読む

鏡も洗面台もピカピカ! 使い捨てできる「キムワイプ」がオススメ 家電 Watch

「罪悪感」というのは厄介な感情だ。それをチラとでも感じてしまうと、にわかにもやもやと胸さわぎ、うらぶれた気分になる。それは怒りの導火線にもなる。自分が「罪悪感」を感じるようなものごとを、悪びれもせずやすやすと言っている人を見るとなぜかいらいらしてくるのだ。そして消耗する。これはまさにエネルギーの無駄 …

続きをオリジナルサイトで読む

安心で見た目もおしゃれ♡「ナチュラル洗剤」派が増えてます Locari

近頃インテリアの素敵なお宅でナチュラル洗剤を見かけることが増えてきたようです。重曹やクエン酸などのナチュラル洗剤がオシャレな別容器に入れ替えられ、さりげなく部屋の中に溶け込んでいるのです。 ナチュラル洗剤とは重曹やクエン酸、酢、石鹸などの自然に優しい素材を使用したもの。市販の洗剤と違って合成洗剤が …

続きをオリジナルサイトで読む

おふろの汚れには違いがあります。それぞれの汚れに対する戦法とは!? おふろ部

一日の疲れをリセットできる気持ち良いおふろ。そのおふろがカビや水垢だらけになっていませんか? おふろ掃除には「重曹」を使う!とか、重曹より「クエン酸」がいい!とか、いろいろ聞きますが、汚れにあわせたアイテムを使わないと、威力半減です。汚れにあわせた戦法を知っておきましょう!! おふろの3大汚れ ① …

続きをオリジナルサイトで読む

「水垢」と「湯垢」は掃除の仕方が違う!特長を知って効率よくキレイに Sumai 日刊住まい

キッチンやお風呂場の水垢がどうしても落ちない……、この悩みを抱えている方は多いですよね。 でもその汚れ、「水垢」じゃなく「湯垢」かもしれませんよ! この2つ、似ているようでまったくの別物って知っていましたか? 「水垢」とは水道水に含まれる炭酸カルシウムが原因。浴室の鏡のうろこ状のものが代表的ですね。 …

続きをオリジナルサイトで読む

じゅうたんにこぼれた「牛乳のニオイ」を取る方法とは #産後カルタ マスタセレクト×らくらく連絡網

子どもがコップで飲み物を飲めるようになっても、手がうまく使えなかったり勢いがつきすぎたりして飲み物を床などにこぼしてしまうことがありますね。 フローリングや洗濯機で簡単に洗うことができるラグならすぐに拭いたり洗濯したりできます。しかし、家具の下に敷いてあるじゅうたんの場合は、簡単に洗濯はできません。 …

続きをオリジナルサイトで読む

「重曹」プラスαがすごく効く! the360.life

2018年04月01日(日) 360.life編集部/Test by LDK編集部 知ってた? 黒ずみ落としの黄金比率は「重曹1+アレ1」でした万能洗剤としても有効なことで知られる「重曹」ですが、じつはある洗剤と組み合わせると、さらにその真価を発揮するんです。その驚くべき洗浄力を知ったら、もう実 …

続きをオリジナルサイトで読む

掃除用洗剤によるアレルギーに注意 ドイツニュースダイジェスト

多くの人が一年を通してアレルギーに関する問題を抱えているという。特に気管支や敏感な皮膚を持つ人は、掃除する時にほこりにアレルギー反応を示すが、掃除用洗剤にも十分な注意が必要だ。ドイツ通信社によると、多くの掃除用洗剤にはアレルギーの原因となる物質が含まれており、特に芳香、防腐剤、界面活性剤は皮膚を通し …

続きをオリジナルサイトで読む